2011年12月21日

ウエイトトレーニングとはその3

話は変わりますが、芸能人の方もパーソナルトレーナーをつけて、自分の体に合ったメニューのトレーニングをしている人が多いですからね。ですから、瞬発力を持った大きな筋力を必要としています。このように、ウエイトトレーニングで筋肉は補強出来ますが、呼吸の苦しさに耐えるような能力はウエイトトレーニングではアップできません。陸上競技の中距離や、競輪などですと、数十秒を超えた低酸素運動です。

陸上競技の短距離、中距離、競輪などは、マラソンとは違い、有酸素運動ではありません。これらは、いくらウエイトトレーニングを重ねても、途中で息が切れてしまうでしょう。そのほうが、間違ったトレーニングをして体を痛めることもないでしょうし、より効果的に筋肉を鍛えることが出来るでしょう。こうして、スポーツ選手は、それぞれの競技に最適なトレーニングメニューをトレーナーに作ってもらっています。

その点、低呼吸で力を常に持続していく能力は、ウエイトトレーニングでは養えません。モデルや女優など、体系を崩すことがNGの商売には、これらのトレーナーは欠かせない存在でしょう。ですが、この点は、ウエイトトレーニングの中でも、特殊なトレーニング方法といわれている、スローリフトなどをすれば、乳酸に耐える能力も補強できます。

それでも、筋肉を動かし続けなければならないのですから、呼吸の苦しさは続きます。もちろん、なかには、昔ながらの考えで、競技の練習をしながら、その競技に必要な筋肉が育つと言って、ウエイトトレーニングをしない選手もまれにいるそうです。それにプラスして、通常のウエイトトレーニングでは、乳酸に耐えることにおいて能力がアップしにくいです。


ネットワークビジネスねずみ講に狙われる標的の共通点
ついにネットワークビジネスで逮捕!人を騙してまでお金が欲しい?
ネットワークビジネスアムウェイのスゴ過ぎる製品力!
ネットワークビジネス方法を誤ったディストリビューターの成れの果て
副業ネットワークビジネス決定版
ネットワークビジネス何故成功者になれないのか?
ネットワークビジネス被害
インターネットでネットワークビジネスを成功させられるか?
ネットワークビジネスを成功するには
最新ネットワークビジネスの魅力と落とし穴

posted by ひだまり at 01:45| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。